葬儀にも種類がある?4つの葬儀形式を紹介

葬儀にも種類がある?4つの葬儀形式を紹介

亡くなった人との最期のお別れのかたちとなる葬儀ですが、葬儀社が提案する葬儀にもいくつかの種類があり、遺族側は選ぶことができます。

以下では葬儀の種類とその特徴を紹介していきます。

①一般葬

一般葬とは故人の身内や友人だけでなく、喪主の会社関係者などといった故人と関わりのあった色々な人が参列する葬儀の形式です。

場合によっては数百人規模になることもあり、遺族側は香典返しや料理などの準備をすることも増える上参列者への対応に追われます。しかしその一方で同時に多くの人が亡くなった人を偲ぶことができるのです。

一般葬の流れとしては納棺後に通夜があり、その翌日に告別式が行われ火葬になります。

②直葬

直葬とは火葬のみを行う葬儀スタイルです。なので通夜や告別式はなく、葬儀費用は安く抑えられるといったメリットがあります。

近親者のみで行われることが多く、時間も短いので遺族の負担は少ないですが後日訪れる弔問客が増える可能性もあります。

またお寺によっては直葬でも僧侶がきてお経を唱えてくれるところもあります。

③家族葬

家族葬は家族や親族などの故人と近しい人のみが参列する葬儀になります。そのため葬儀自体は小規模なケースがほとんどです。

一般葬の場合は遺族側は弔問客の対応でバタバタと忙しくなりがちですが、家族葬ではそういったこともなく故人と最期の時間をゆっくり過ごせます。

④自由葬

自由葬は別名無宗教葬とも呼ばれ宗教儀礼を行わない葬儀です。僧侶による読経もなく、プログラムなど全て自由に決められます。

なので故人がよく聴いていた音楽をかけたりスライドショーを流したりすることもでき、故人や遺族の希望通りの葬儀が可能となります。

特に宗教を信仰しておらず付き合いがある菩提寺がない人や、親族など近親者からの理解を得られる人におすすめの葬儀スタイルです。

まとめ

葬儀にも色々な種類があることがわかりました。故人の意思を尊重しつつ、身内でよく話し合い納得できる葬儀スタイルを選びましょう。