育毛剤をつけても髪は100%生えない!?育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤をつけても髪は100%生えない!?育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤
育毛剤と検索すると、様々な商品が出てきます。しかしそれらのほとんどは「育毛剤」であって、「発毛剤」ではないということをご存知ですか?

日本で「発毛効果がある」と認められているのはごく一部の医薬品であり、育毛剤はそれには該当しないのです。

当記事では育毛剤と発毛剤の違い、そして育毛剤をつけることの意味についてお話ししたいと思います。

まるで別物!?育毛剤と発毛剤の違いとは

育毛剤とは

育毛剤とは、いわばサプリメントのようなものです。頭皮の健康に良い成分、たとえばビタミンCだったりフコイダンだったりが含まれていて、それを頭皮に振りかけることによって、頭皮に栄養を与えたり、殺菌したり、毛髪の成長を促したりすることができる可能性があるのです。

何かのサプリメントを飲んで、何かはっきりとした変化を感じたことはあるでしょうか。

無い、という方も多いのではないかと思います。育毛剤もそれと同じで、変化を実感できる場合もあれば、できない場合もあるのです。

従って育毛剤は発毛効果を謳うことができません。髪が生えるなどと宣伝すると、それは誇大広告となり、何らかの法的責任を問われる可能性もゼロではないのです。

育毛剤の広告ページをよく読んでみてください。髪が生えるとはどこにも書かかれていないはずです。

発毛剤とは

では発毛剤とは何かというと、毛を生やす効果の有ることが認められた成分を含む医薬品、つまりお薬です。サプリメントとは違い、お薬には明確な効果効能が存在します。

発毛剤の場合、その効果は毛を生やすことなのです。お薬ですからむろん、副作用もあります。

今現在、日本で手に入れられる発毛剤は、リアップ、プロペシアの2種です。個人輸入をする場合はこの限りではないかもしれませんが、私は輸入はおすすめいたしません。

偽物も存在しますし、医師や薬剤師の指導無しに医薬品を用いるのは危険だからです。

リアップの宣伝を見たことのある方も多いかと思いますが、これはドラッグストアなどで販売されており、薬剤師の指導を受ければ購入することが可能です。

プロペシアは薄毛治療クリニックに行かないと手に入りません。ちなみにパントガールという女性向けの薄毛治療薬も存在しますが、発毛剤には該当しないようです。

医師監修のサイトを見るかぎりは「飲む育毛剤」とは書いてあっても、発毛剤とは書いてありません。

ただしこちらは医薬品であり、薄毛改善に寄与する確かな薬効が存在します。そこらの育毛剤とはワケが違うということは申し添えておきたいと思います。

育毛剤をつける意味は?

こう見ると、薄毛対策なら最初から発毛剤を使ったほうがいいように思えてきます。果たして育毛剤は使用する価値のない物なのでしょうか。

たしかに、すでに頭髪が少なくなってしまっている人が、育毛剤のみを用いて薄毛対策をするのは、あまり意味がないと言えるでしょう。なぜなら育毛剤に発毛効果は無いからです。

しかし発毛剤を使用しながら、その一方で育毛剤で頭皮のケアをするのはいいことですし、将来禿げるのを予防する目的で、頭皮をいたわるために育毛剤を使うのも悪くはないでしょう。

先ほど言ったように、医薬品である発毛剤には副作用があります。たとえばプロペシアには「初期脱毛」といって、服用開始後しばらくは頭髪が抜けていきます。

これは次の毛を生やすための準備期間のようなもので、3ヶ月くらいすると収まり、だんだんと毛が生えてくるのですが、現在禿げていない人がプロペシアを飲むと、この副作用によって無用に毛を失ってしまうわけですね。

育毛剤にはこのような副作用はありませんから、日々の頭皮ケアにはぴったりなのです。

まとめ

以上、育毛剤と発毛剤の違い、育毛剤をつける意味についてお話しいたしました。

育毛剤には発毛効果はないものの、副作用がないため、日々の頭皮ケアをする製品としては有用であるといえます。

禿げの予防や改善を手助けするものとしてご活用ください。